小さなイボをレーザー治療でキレイに治せますか? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

小さなイボをレーザー治療でキレイに治せますか?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

顔に小さなイボがたくさんあります。

レーザで綺麗に治療したいのですが、エリア指定はできますか? また、治療後は保護する必要はありますか?

宜しくお願いします。

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

ご質問の「小さなイボのレーザー治療」について回答いたします。

まず「小さなイボがどのようなタイプのイボであるか」という診断が必要となります。診察していませんので、あくまでも推察ですが、おそらく「青年扁平疣贅(せいねんへんぺいゆうぜい)」か「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」と思われます。

「青年扁平疣贅」はウイルス性のイボとなります。刺激を加えると急激に増加する可能性があるイボのため、治療の基本は「ヨクイニン内服による保存的治療(保険適用)」となります。

「脂漏性角化症」は加齢に伴い出現するイボで、平坦なものから隆起しているものまで様々です。本疾患は「液体窒素による冷凍療法」でも治療可能ですが、綺麗な仕上がり重視であればレーザー治療がお勧めです。

なお、当院アナウンスBlogに「レーザーによる脂漏性角化症治療」の記事が掲載されていますので、こちらもご参考にしていただければ幸いです。
老人性イボはエルビウムヤグレーザーで治す!

レーザー治療においては「面積に応じた費用の算出」、もしくは「エリア指定(定額)」が可能です。エリア区域の分割範囲につきましては、診察時に説明させていただきます。

治療後の処置として、当日の入浴時まではガーゼ保護とし、その後は1日2回(朝・晩)の抗生剤含有軟膏の塗布を行っていただくだけです。

以上となります。
どうぞ宜しくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る