トラネキサム酸錠の製品不足について | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

トラネキサム酸錠の製品不足について



トラネキサム酸を含むお薬に「トランサミン」という第一三共(株)が販売している医薬品があります。各種出血、湿疹、蕁麻疹、扁桃炎、口内炎など各科で幅広く使用される薬剤です。

実は、このトランサミンの製造過程において不具合が発覚したため、先月(4月)から製品の生産、供給が一次的にストップしてしまっていました。4月23日における第一三共(株)からのアナウンスでは、再開の目処が立ったとのことですが、安定供給にはまだまだ時間がかかるようです。

先発医薬品であるトランサミンがこのような状況となったため、後発医薬品(「トラネキサム酸錠」)の需要が一気に高まり、こちらの供給も不安定になってしまいました。

当院でも「トラネキサム酸錠」は非常によく処方する薬剤であるため、突然の入手困難な状況に大変困りました。

欠品時には「入荷次第ご連絡させていただきます」という形で対応させていただいたため、多くの患者様にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

「トラネキサム酸錠」の供給状況は改善傾向にあるものの、まだまだ品薄であることは変わりありません。また7月ごろまでは安定しないという見通しも聞いております。

欠品しないよう在庫確保に努めますが、万が一の際には、患者様と個別に相談させていただくことがあるかと思われます。どうぞ宜しくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る