足底のほくろ 良性・悪性の判断をして頂けますか? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

足底のほくろ 良性・悪性の判断をして頂けますか?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

足の裏のほくろが良性か、悪性かについて診て頂けますか?

足の裏のほくろ(両足です)は3歳の頃からあり、当時は経過観察で良いとの診断でした。数日前、両足裏を見た所、形が変形し、色がまばらになり、皮膚との境界線が曖昧になっている気がしました。右足裏は直径7mm程で、左足裏は4mm程です。

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

お問い合わせの「足底のほくろの診察」について回答いたします。

ほくろの診察は当院でも行っております。ダーモスコープという「LEDライト付きの拡大鏡」で観察し、良性・悪性の判断をしております。

また、必要性がある場合は、検査や治療のために大学病院(千葉大学病院、東邦大学佐倉病院など)を紹介させていただく場合もございます。

ご検討ください。
どうぞ宜しくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る