蒸散 | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

蒸散

  1. 老人性イボのレーザー治療は難しい治療なのですか?

    患者様よりお問い合わせを頂きました。60歳男性ですが、顔に老人性のイボができて来て気になっています。先生のところで、男性が顔中にできたものを一年以上かけ丁寧に処置されているのを見てご連絡しました。

  2. 多数の汗管腫をどのように治療していますか?

    患者様よりお問い合わせを頂きました。初めまして。汗管腫についてお聞き致します。両目の下に合計20個程の汗管腫があります。保険適応可能でしたら、治療内容、通院回数、大体の料金を教えて下さい。切開はしたくないです。

  3. 【セミナー】ALEX LAZRとCO2REの臨床応用について

    今週末は「シネロン・キャンデラ アカデミー in 札幌」のセミナー講師として招かれていましたので、3月24日(土)〜25日(日)で北海道に行ってきました。北海道の気候は、やっぱり千葉とは全然違います。道路の雪は溶けていましたが、その他の土地はまだまだ雪で覆われていました。

  4. 老人性イボはエルビウムヤグレーザーで治す!

    老人性イボの正式な病名は「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」、もしくは「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」です。加齢に伴って全身のいたるところに現れて来るイボ状の隆起性病変で、通常多発します。イボというと、もう1つ代表的な病気に「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」があります。

  5. 先天性のホクロには液体窒素による冷凍療法が有効!

    今回はホクロの治療について解説します。その中でもネット上にも情報量の少ない「生まれつきのほくろ(先天性)の治療方法」については、臨床写真も提示しつつ紹介致します。まずはほくろ(黒子)の基礎知識からです。皮膚科専門医がほくろと呼ぶ病変の正式名称は、「色素細胞母斑」です。


ページ上部へ戻る