アナウンスBlog

赤ら顔・毛細血管拡張症治療のまとめ(2017)



病気による「顔の赤み」であれば、保険診療にて病気そのものの治療を行い、症状の改善を図ります。

例えば、
・アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤、プロトピック軟膏による病状のコントロール
・脂漏性湿疹:ステロイド外用剤にて改善後、ニゾラールクリームでの安定化
・接触皮膚炎:原因物質の究明と抗炎症療法
・酒さ:ミノマイシンを中心とする病状のコントロール
・尋常性ざ瘡(ニキビ):BPO、アダパレン、抗生剤による長期的対策
・毛包虫性ざ瘡:硫黄カンフルローションを中心とした駆虫療法

ここから先にて解説する「赤ら顔・毛細血管拡張症」とは病気による変化ではなく、「何らかの原因で皮膚内の毛細血管が拡張し、その結果赤みとして見えている状態」を対象としています。

マイルドな治療から順に記載していきます。

【①アウリダームXO(外用剤:クリーム)】
主成分であるビタミンK酸化物により「血管の正常化作用、血管壁の強化作用」が発揮されます。ご購入いただき、ご自宅でのケアが可能です。

■詳細情報:「赤ら顔・毛細血管拡張症・内出血にアウリダームXO

【②ケミカルピーリング】
当院ではサリチル酸マクロゴールピーリングを行なっています。ピーリング後にエレクトロポレーションを組み合わせることにより、効果UPを図っています。「ダウンタイムなし」の施術です。痛みもありません。

■詳細情報:「ケミカルピーリング(CP)ーエレクトロポレーション(EP)

【③超音波・イオン導入】
ビタミンAを中心としつつ、さらにビタミンC、E、抗酸化物質も同時に皮膚内へ浸透させます。超音波導入→イオン導入という流れです。「ダウンタイムなし」の施術です。痛みもありません。

■詳細情報:「超音波・イオン導入

【④ロングパルスYAGレーザー治療】
1064nmのYAGレーザーが毛細血管内の赤血球(ヘモグロビン)に反応します。その結果、レーザー光が熱エネルギーに変わり、それにより毛細血管にダメージを与え、症状を改善していきます。通常照射では「ダウンタイムなし・痛みなし」ですが、強力照射では「ダウンタイム1週間・痛みのため麻酔必要」となります。

■詳細情報:「ロングパルスYAGレーザー治療

現在当院では「②ケミカルピーリング+③超音波・イオン導入」の15〜20%OFFキャンペーンを行なっています(平成29年12月29日まで)。

ご興味をお持ちの方は下記ページもご覧ください。よろしくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る