ルコナックで爪が白くなっています 大丈夫ですか? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

ルコナックで爪が白くなっています 大丈夫ですか?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

はじめまして。ルコナックを使用して1年4ヶ月になります。新しい爪が生えてきています。

夜寝る前に爪患部に塗り、朝起きると爪の周辺を含め白くなっています。続けてルコナックを塗っていますが同じような状況が数ヶ月続いています。外出時は靴下をはいていますが、長時間はいたときは爪の周辺を含め白くなっています。

まだ完治して居ないのでしょうか?

完治していなければ更にルコナックを塗っておればよいのでしょうか?

靴下は頻繁に交換し洗濯しています。洗濯時、爪のあたる部分を裏返して実施しています。

宜しくご指導下さい。

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

ご質問の「ルコナック爪外用液による爪白癬治療」について回答いたします。

現在のところ、爪白癬に対する外用治療薬は2種類発売されております。1つは現在お使いになっている「ルコナック爪外用液」で、もう1つが「クレナフィン爪外用液」です。それぞれ主成分が異なりますし、外用後の色調変化も異なります。ルコナック爪外用液が付着した部分は白っぽくなりやすいのに対し、クレナフィン爪外用液の場合は黄色味が強くなります。

ご質問の白色調の変化は、ルコナック爪外用液の特徴ですので心配はありません。ただし、周囲の皮膚が広範囲に白くなるようでしたら、液が広がりすぎている可能性があるため、余分に付着した部分は拭き取られた方がよろしいでしょう。

「まだ完治して居ないのでしょうか」というご質問に対して、情報が文章のみでは判断することができません。この点につきましては、主治医にご確認ください。

また、「完治して居なければ更にルコナックを塗っておればよいのでしょうか」という点につきましても、最終的には主治医の判断となります。経過が思わしくなければ、まずはクレナフィン爪外用液に変更するという選択もありますし、思い切って内服薬に切り替える選択もあります。主治医とよくご相談いただければと思います。

回答は以上となります。
ご検討ください。

宜しくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る