沖縄から黄色腫のレーザー治療のために伺えますか? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

沖縄から黄色腫のレーザー治療のために伺えますか?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

初めまして。お忙しい中恐縮ですがメールにて問合せさせていただきます。

60代半ばの男性です。10年ほど前から「眼瞼黄色腫」と思われる症状が出ています。

以前は左瞼だけでしたが、去年くらいから右瞼にも出現し、現在は同じくらいの大きさになりました(天地で6~7mm、左右で10mm程度の楕円形)。いまのところ生活する上での支障はほぼありませんが、少しずつ大きくなってきているのが気になります(特に右側)。因みに、コレステロール値は正常です。

数年前に東京から沖縄に転居しましたため、通院に多少問題があります。

例えばなのですが、予め写真などをお送りしておきまして、月曜日に診察、火曜日に手術(+経過観察が必要でしたら数日滞在延長します)、というようなスケジュールを組んでいただくことは可能でしょうか?

(勝手なお伺いで申し訳ありません)

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

お問い合わせの「眼瞼黄色種の治療」について回答いたします。

沖縄から当院への通院治療をご検討いただきありがとうございます。

眼瞼黄色腫の治療として、当院では「炭酸ガスレーザーによる蒸散治療」を行っております。

局所麻酔薬を治療部位に注射し、炭酸ガスレーザーにて病変のある部分を全て削り取る治療です。術後、皮膚に潰瘍を生じるため、約2週間の湿潤療法を行い上皮化(皮膚の再生)させます。

治療スケジュールにつきましては柔軟に対応させていただきます。〇〇様と当院のスケジュール調整を行い、診察日(月)と治療日(火)を決めていきたいと存じます。

尚、実際に診察した上でのスケジュール決定ではないため、不測の事態には事前の予想通りに治療が行えない可能性があります。最大限ご希望に沿うよう善処いたしますが、このようなリスクがあるという点につきましてもどうぞご理解ください。

回答は以上となります。
ご検討ください。

どうぞ宜しくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る