多数ある稗粒腫の治療計画はどのようになりますか? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

多数ある稗粒腫の治療計画はどのようになりますか?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

子供の頃からハイリュウシュが瞼の上や涙袋の所にたくさんあり悩んでいます。

地方から数日滞在で行こうか悩んでいるのですが、一度に何個まで除去可能でしょうか?

例えば1日目何個、2日目何個というのは可能でしょうか?

それと痛みに弱いのですが、どの程度痛みはありますでしょうか?

返信宜しくお願いいたします。

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

ご質問の「稗粒腫の治療間隔」について回答いたします。

保険診療の規則上、稗粒腫の治療は「10箇所未満」と「10箇所以上」の2通りしか設定がありません。従って、「一度に何個までなら保険適用」というような線引きがあるわけではありません。極論を申し上げますと、10箇所治療した場合と、100箇所治療した場合で、患者様に請求する費用は変わらないのです。

しかしながら、保険診療を行う上で、お一人の患者様だけに時間を費やすことができないため、「それぞれのクリニックにおいて1回の治療で摘出する個数をおおよそ決めている」というのが現状かと思われます。

当院では通常10箇所程度は1回の治療で摘出しますし、ご希望の方には20箇所程度行うこともあります。この「1回に10〜20箇所」が当院のおおよそ決めている上限とお考えいただいて結構です。それ以上となりますと、様々な事情を加味した上で相談させていただくということになります。

連日受診しての治療につきましては問題ありません。明確な決まりがあるわけではありませんが、常識的には「1ヶ月に3〜4回」の治療が可能です。ただ当院の診療日が月・水・金・土となっていますのでご注意ください。

痛みはそれなりにありますが、麻酔は不要です。Before-Afterで見ると劇的に改善するため、治療をお受けになる皆様は頑張って痛みを我慢されていると思われます。

回答は以上となります。
ご検討ください。

どうぞよろしくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る