ニッチな新型SUV! BMW X2を見てきた | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

ニッチな新型SUV! BMW X2を見てきた



BMW X2の特別展示イベントが本日豊洲ららぽーとで開催されることを知り、この車に興味があったので実車を見てきました。X2は元々ラインナップされていたX1をスタイリッシュに仕上げた派生モデルです。

最近、SUVが気になっていたのですが、私のマンションでは立体駐車場の関係から全高が1550mm以下の車でないと入らないのです。駐車場の実寸は1600mmとなっているものの、輪止めを乗り越える時に+30〜40mm車高が上がるため1550mm以下に制限されていると思われます。

これまでのBMW Xシリーズは全高が高くいかにもSUVという車ばかりでしたので、「良さそうだけど、駐車場に入らないよな〜」と思い興味が湧きませんでした。しかしこのX2は全高が1535mmなので、「これなら入る!」という私にとって初めてのXモデルとなりました。

数字的にはOKですが、実車を見ないと何とも分かりませんので行ってきたというわけです。

展示車はイメージカラーの「ガルバニック・ゴールド」でした。モデルは「M Sport X」といって、シルバーのアクセントが効いた個性的な外装をまとっていました。メーカーの方は「X2はまだ日本に4台しかない」とおっしゃっていました。

BMW X2-1

このX2、とにかく名前が長いです。「sDrive→FF、xDrive→4WD」、「18i→1.5L直列3気筒、20i→2.0L直列4気筒」とここまでは車のメカニズムを表します。その後に何も付かないモデルが「スタンダードな外装」で、「M Sport X」と付くモデルが写真のようなシルバーアクセントが効いたものとなります。

X2 sDrive18iは「FF、1.5L直列3気筒、シンプル外装」で、X2 xDrive20i M Sport Xは「4WD、2.0L直列4気筒、特別外装」となります。後者では「X」という文字が、何と3つも入ります!

BMW X2-2

実車を見た感想は、「凝縮感があって、カッコイイ!」です。元々低い車高が、シルバーアクセントも効いてさらに低く見えますし、ガラス面が狭いのもスタイリッシュな見た目に一役買っています。

ただし見方によっては「ちょっと大きいハッチバック」にも見えますから、SUVらしいXモデルを希望する人には刺さらないと思います。こういったニッチマーケットをしっかり埋めてくるところが、BMWを始めとする最近のドイツ勢の隙の無さですよね。

BMW X2-3

X2 xDrive20i M Sport Xのスペックは以下となります。

全長x全幅x全高(mm) 4,375×1,825×1,535
ホイールベース(mm) 2,670
エンジン 直列4気筒DOHCガソリン
総排気量(cc) 1,998
最高出力(kW〔ps〕/rpm(EEC)) 141〔192〕/5,000
最大トルク(Nm〔kgm〕/rpm(EEC)) 280〔28.6〕/1,350-4,600

BMW公式ホームページより引用

CピラーにBMWのマークが入っています。目新しくて、なかなか良いですよね♪

BMW X2-4

X2 xDrive20i M Sport Xは標準で19インチタイヤを履き、デビューバッケージでは20インチになるそうです。この車格で20インチってオーバークオリティだと思いますが、乗り心地とか大丈夫なのでしょうか?

試乗車が登場したら、是非とも運転させていただきたいですね♪



関連記事


ページ上部へ戻る