先天性ホクロへの冷凍療法 実施施設は他にある? | 松島皮膚科医院 | 千葉 四街道の皮膚科・美容皮膚科の専門医

アナウンスBlog

先天性ホクロへの冷凍療法 実施施設は他にある?



患者様よりお問い合わせを頂きました。

貴院ホームページの「先天性のホクロには液体窒素による冷凍療法が有効!」の記事を拝見させて頂きました。

当方、もうすぐ8ヶ月になる女児の父親です。娘は背中に長径5センチほどのホクロがあります。背中ではありますが、きれいに除去できるのであれば除去したいと考えております。

いろいろネット上で情報を探したのですが、貴院のこの記事以外には有用な情報はありませんでした。ですが当方は川崎市在住でして、貴院まで治療に通うのは、現在のところ難しいです。(娘は電車をいやがるのです)

そこで非常に不躾な質問で恐縮ですが、東京の西部~神奈川東部で貴院のように、液体窒素による冷凍療法を得意とするクリニック等はありますでしょうか? もしご存知でしたら教えて頂けると非常に助かります。

末筆ではございますが、失礼な質問をお許し下さい。

当院からの返信です。

〇〇様

お問い合わせありがとうございます。
松島皮膚科医院の松島弘典です。

ご質問の「先天性のホクロに対する冷凍療法の実施施設」について回答いたします。

ご覧いただいた過去記事にも記載してありますように、一般的には先天性のホクロに対する治療の第一選択は手術となります。「液体窒素による冷凍療法」は特殊な治療であり、ほとんどの施設では実施されていないと思います。

私自身も「先天性のホクロに対する冷凍療法」を知ったのが数年前です。その後、本治療を経験していく中で「ある条件を満たすケース」では著効する(非常に良く効く)ことが分かったため、そのような先天性のホクロの患者様に関しては液体窒素による冷凍療法を当院では第一選択としています。「条件」につきましては、他の方に返信した内容を転載しますので、ご参照ください。

Q. 適応できるものとできないものがあるのか?
A. 先天性のホクロに限れば、適応が難しいのは「治療開始の時点で1歳以上である場合」、及び「大型である場合」となります。治療開始時期に関する理由は、前述の過去記事をご参照ください。サイズに関しては、直径3cm以上となると手術も考慮する必要があります。

最近、「大学病院で生後1歳過ぎたら全身麻酔で手術しましょうと言われた」という先天性のホクロの患者様が来院されました。その方は治療条件に適合していたため、当院にて冷凍療法を開始しました。

お子様の場合は「背中に直径5cm」とのことですので、当院にいらしていただいても治療可能かどうかメールだけでお約束できない状況です。

大変申し訳ございませんが、前述のように本治療が一般的ではないため、お住いの近隣に精通した先生がいるかどうかは存じ上げておりません。治療目的で受診されるのであれば、一般的には「設備が整った大規模病院」や「大学病院」になるかと思われます。

お役に立てず申し訳ございません。

回答は以上となります。
どうぞよろしくお願いします。



関連記事


ページ上部へ戻る